腰椎ヘルニアは手術すれば良くなるのか?腰椎ヘルニアの症状や特徴・対策のポイントは?

2023年12月12日

 

腰椎ヘルニアについて

まつお鍼灸整骨院には腰のヘルニアでお悩みの方も多く来院されます。腰のヘルニアになると下肢にかけての痛みやしびれを伴い日常生活にも支障をきたします。

 

今回は腰椎ヘルニアの症状や特徴・手術すればよくなるか?などについて解説します。

 

見出しタイトル

 

腰椎ヘルニアの痛みの特徴は?

腰椎ヘルニアの特徴は、咳やくしゃみなどで腰に響く痛みがあり、足やお尻のしびれや痛みが伴うこともあります。また、長時間座っていることができないという特徴もあります。

 

また、長時間座りっぱなしの人や、重い物をよく持ち運ぶ人、前かがみの姿勢をとることが多い人、スポーツ選手など、腰に負担をかけることの多い人によく見られます。

 

腰椎ヘルニアとは?

ヘルニアとは本来のあるべきところから『飛び出す』ということを意味します。椎間板ヘルニアは椎間板の変性によって起こりますが、椎間板の中心部分にある髄核という部分がはみ出して外に飛び出した状態のことを言います。

 

飛び出した髄核が神経を圧迫すると痛みやしびれを伴います。ヘルニアは頚椎にも起こりますが、体重が一番かかる腰椎の下部でも多く起こります。クッションの役割を果たす椎間板が負担を受け止めきれなくなり押しつぶされる状態になります。

 

太っている人や慢性的な腰痛のある人、腰椎のカーブが少なくなっている人は腰椎ヘルニアになりやすいです。

 

腰椎ヘルニアの症状は腰やお尻の痛み・足のしびれです。

 

徐々に痛みやしびれがでてくる場合と、ぎっくり腰のように急に起こることがあります。初期の痛みの強いときは患部が炎症を起こしていて動くのもつらい状態だと思いますので、患部を冷やして安静にすることが大事です。

 

少しずつ動けるようになってきたら早く施術を行っていきましょう。

 

痛いからと言って安静にしすぎるとかえって良くなるのに時間がかかるケースもあるので動けるようなら無理をしない程度に少しずつ動いていきましょう。

 

腰椎ヘルニアかどうかを見極める検査

仰向けに寝て、膝をのばしたまま足をあげていきます。足が60度くらい上がるまでに強い痛みや痺れがでるとヘルニアの疑いありです。

 

またヘルニアは、腰や足のどの部分に痛みがでるかでどこの部分にヘルニアがあるかを推測することができます。

 

例えば、親指に違和感がある場合は腰椎4番と5番の間の椎間板にヘルニアがあると推測ができますし、つま先立ちができない、外くるぶしの下側にしびれがある場合は腰椎の5番と仙骨の間の椎間板にヘルニアがあると推測ができます。

 

一度変性したり潰れてすり減ってしまった椎間板は元に戻ることはありませんが、だからといってヘルニアの痛みがなくなることはないのかというとそんなことはありません。

 

ヘルニアは神経の圧迫さえとれれば痛みやしびれはなくなっていきます。飛び出している部分が少しずつ吸収されたり、飛び出している部分を押し込むように背骨の矯正を行っていくことも効果的です。

 

特に腰の椎間板ヘルニアでは前かがみの姿勢や同じ姿勢を長時間続けないことも大切です。仕事中や普段の姿勢にも気をつけないといけません。

 

腰椎椎間板ヘルニアは完治するのに手術が必要なのか?

ヘルニアの手術を否定するわけではありませんが、手術はやはり最終手段だと思っています。最近は内視鏡やレーザーなど患者さんの負担も少なく済むようになってきているようですがやはり脊椎の手術はリスクもあると思います。

 

手術をしてしばらくは痛みがなくなっていても、腰に負担のかかるような状態がずっと続いていたら結局はまた再発してしまうこともあります。

 

またMRIでヘルニアの部分が確認できたとしてもそこの部分が本当に痛みの原因となっているかはわかりません。もし違う場合は、手術をして圧迫している部分を取り除いたとしても痛みの改善は期待できない可能性もあります。

 

手術をすれば完治するということではないので判断もなかなか難しいかもしれません。

 

腰椎ヘルニアへのアプローチについて

まつお鍼灸整骨院ではレントゲンに基づいた骨格矯正で腰椎や背骨・骨盤のゆがみを整え体全体のバランスを整えることで腰椎ヘルニアへのアプローチをしていきます。

 

背骨のゆがみや骨盤のゆがみが良くなっていくと腰痛も軽減していきます。また椎間板への負担も軽減するので結果として腰痛や下肢の痛みやしびれといった症状も軽減していきます。

 

腰椎ヘルニアでお悩みの方はご相談ください。