腰痛

  • 何年も腰痛で悩んでいる
  • 子供を抱っこしてあげられない
  • 座っているのがつらい
  • 朝起きる時に腰が痛い
  • 大好きなスポーツができない

茨木市で腰痛でお悩みのあなたへ  

当院に来院されるクライアントさまで二番目に多い症状が『腰痛』です。

腰痛は子供から大人まで多くの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

腰が痛いと日常生活のちょっとした動作がつらくなったり時間がかかったりして本当にストレスがかかります。

腰痛と言っても痛みの程度は様々ですが、放っておくとぎっくり腰になったりもしますし、

痛みがひどくなると坐骨神経痛やヘルニア、足のしびれなどにもつながる恐れがありますので少しでも早く施術を行い、負担を取り除いていくことが大事です。

 

このページをご覧の方は、あなたもしくはあなたの大切な方が腰の痛みでお悩みかもしれません。

腰痛でお悩みの方は、当院の腰痛の施術方針について書きましたのでじっくりとお読みください。

腰痛について|【茨木市の整体】まつお鍼灸整骨院

 

腰痛といっても症状や痛みの程度はさまざまです。主な腰痛の種類について説明していきます。

急性腰痛

いわゆるギックリ腰です。突然に強い痛みに襲われるため、「魔女の一撃」とも呼ばれます。

・長時間の無理な姿勢

・疲労やストレス 
     
などが原因で起こります。

腰椎ヘルニア

20代から40代の男性に多く見られる疾患です。椎間板は、脊椎を構成する椎体という骨と骨の間にあり、クッションの役目をしています。

この椎間板が変性して潰れ、一部分が突き出るかあるいはその位置から飛び出すなどして、神経を圧迫することによって、腰痛と、お尻の片側から足にかけて痛みやしびれを伴います

坐骨神経痛

お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれなどの症状のことを「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を表す言葉で、何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

多くの坐骨神経痛は腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがでてきます。

脊柱管狭窄

腰部の脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって腰痛や足のシビレをともないます。

脊柱管狭窄の特徴として、しばらく歩くと下肢が痺れたり重くなったり、痛みが出たりして、歩くことができなくなります。

ですが、しばらく休むとまた歩けるようになるという、「間欠性跛行」が脊柱管狭窄の症状の特徴です。

すべり症

腰の骨が前後にすべることによって腰椎のバランスが悪くなり、神経の通り道が狭くなることにより痛みを伴います。多くは4番目もしくは5番目の腰椎におこるケースが多いです。

腰痛の原因について|【茨木市の整体】まつお鍼灸整骨院

腰痛が起こる原因は

・長時間の座っている、もしくは立っていることが多い

・不良姿勢

・スポーツなどによる繰り返しの動作による腰への負担

などによって背骨や骨盤がゆがみ、筋肉の緊張や関節の炎症、椎間板の変性によって神経を圧迫することによっておこります。

慢性の腰痛からぎっくり腰や坐骨神経痛になり、痛みやしびれが悪化すると腰椎ヘルニアへとつながってきますので早い段階で施術を行っていくことが大事です。

腰痛の施術について|【茨木市の整体】まつお鍼灸整骨院

腰痛は痛みのある腰の部分だけでなく頚椎や骨盤など全体の状態をみていく必要があります。

普段から無理な姿勢を続けないよう気を付けたりストレッチや体操などを行って予防を行うことも大事ですが、腰痛の原因となっているものを取り除いていかないと腰痛はよくなっていきません。

一時的な整体やマッサージではなく背骨のゆがみを整え、全体のバランスを良くしていくことが大事です。

まつお鍼灸整骨院では、これまで多くの腰痛の施術を行ってきました。

腰痛の施術についてわからないことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

腰痛の施術方法についてはこちら