information

サイトナビ
お問い合わせ
お問い合わせボタン
HOME > 脊柱側弯症のページ

脊柱側弯症

 

まつお鍼灸整骨院には、脊柱側弯症でお悩みの方が多く来院されています。



脊柱側弯症は、比較的多くみられて、学校の検診でわかったり、特に症状がない場合も多いですが外見上、体が曲がって見えますので心配されて来院されるケースも多くあります。

脊柱側弯症でお悩み方は
当院の施術方針について書きましたので、最後までじっくりお読みください。

脊柱側弯症でお悩みではありませんか?


 学校の検診で背骨が曲がっていると言われてことがある

 肩の高さや肩甲骨の高さが違う

 背中や腰が痛む

 姿勢が悪い

脊柱側弯症とは?


脊柱側弯症は、本来は正面から見ると真っ直ぐである背骨が、左右に弯曲した状態のことを言います。
多くは右凸に弯曲するケースが多いです。

①左右の肩の高さが違う

②片方の背部や腰部の突出

③ウエストラインの高さが左右で違う

④胸郭の変形

などが見られます



脊柱側弯症は背骨がどのくらい曲がっているかで判断さるのですが、その曲がっている角度のことをコブ角と言います。一番曲がっている骨の上と下の角度が10度以上である場合に脊柱側弯症となります。



背骨が左右に曲がってしまうことによって、外見上の問題や、首や肩、背部や腰部に痛みがでてくる場合がありますので注意が必要です。

脊柱側弯症の原因は?


脊柱側弯症の多くは特発性側弯症と言って原因がわからないと言われています。側弯症の7割から8割くらいはこの特発性の側弯症と言われています。

思春期の女の子に多く右凸に曲がっているケースが多いです。


その他には、機能性側弯症といって腰のヘルニアなどの疼痛によって発症するものや、骨盤の傾きによっておこるものもあります。


背骨が左右に曲がることによって、肩や背中・腰などに負担がかかり痛みがでてくることもあります。整形外科ではひどくなると手術となることもありますが、一般的には装具での固定や、経過観察が主となってきます。



脊柱側弯症の施術は、痛みのある箇所だけを施術したり、肩や腰を揉んだりほぐしたりするのではなく、骨格・骨盤・筋肉など身体全体の歪みを丁寧にみていく必要があります。



当院では実際に歩き方・姿勢などのチェックを行い、今のお身体の状態を総合的にみて判断をして原因についてお話させていただきます。生活習慣についてもお伺いさせていただき、日常動作の注意点などのアドバイスをさせていただきます。



なぜ、ストレッチや湿布・マッサージでは良くならないのでしょうか?といったご質問をよくいただきますが、脊柱側弯症は体全体のバランスを診ていかないといけないので、マッサージや体操などで固くなった筋肉をほぐすだけでは、一時的に楽になってもしばらくするとまた元に戻ってしまいます。

            


脊柱側弯症はこのように改善に向けて施術を行っていきます




まつお鍼灸整骨院では、レントゲンに基づいた骨格矯正で背骨と骨盤のゆがみを整え、プレッシャーテクニックで深部の筋肉の調整を行っていき全身の調整を行っていきます。


『背骨』『筋肉』の両方へアプローチすることで再発予防を重視した根本改善を目指す整体です。


脊柱側弯症は、曲がり具合や症状にも個人差がありますので、その方にあった施術を行っていきます。側弯症は間違った施術を行うとかえって症状を悪化させることもあるので治療院選びには注意が必要です。



脊柱側弯症そのものを完全に真っ直ぐにすることはできませんが、姿勢の改善や身体や骨の歪みを整えて、身体のバランスをよくすることで、痛みが起こりにくい体をつくり、良い状態が持続するように施術を行っていきます。



具体的には、全身の状態を診ながら、体や骨盤の歪みを調整し、固くなった筋肉をほぐしていき、全身の血液・神経の流れを良くし、自然治癒力を高めることで症状を改善していきます。



施術後はご自身のお身体の状態に合わせたケアをお伝えして、湿布やマッサージなどのその場しのぎの対症療法ではなく、良い状態が長く保てるようにサポートいたしますので、整体院や整骨院どこへ行っても満足できなかったあなたも気軽に当院まで足を運んでください。


しっかりとあなたの体を見させていただき最適な施術を提供します。


脊柱側弯症でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせについて

電話番号 072-657-7186

お問い合わせボタン

ページトップに戻る