information

サイトナビ
お問い合わせ
お問い合わせボタン
HOME > 産後の恥骨痛のページ

産後の恥骨痛

 

まつお鍼灸整骨院には、産後の恥骨痛でお悩みの方が多く来院されています。

産後の恥骨痛で困っている・・このような方は以外と多いのではないでしょうか?


症状や痛みの程度はさまざまですが、ひどくなると歩くのが辛くなったり、寝返り返り辛くなったりと日常にも支障をきたします。


さらに、育児にも疲れて・・
何とかしたいものでよね。


産後の恥骨痛でお悩みの方は
当院の施術方針について書きましたので、最後までじっくりお読みください。

産後の恥骨痛でお悩みではありませんか?




 座っていて立ち上がる時に痛みがでる

 姿勢を変えるときに痛みがでる

 寝返りを打つときに痛みがでる

 歩くのがつらい

  

産後に恥骨が痛くなる原因は?


恥骨とは、骨盤を構成している骨で、ちょうどおへその下の部分にあるところです。


骨盤は

『内臓を保護』したり『胎児を保護』する働きがあります。


恥骨は左右の骨盤を恥骨結合でつないでいています。

恥骨結合は軟骨・まわりは靭帯でつながれています。


妊娠中は『リラキシン』というホルモンが分泌され、骨盤を締めている靭帯が緩むことで骨盤が開いてくるのです。


恥骨痛が起きる主な原因は、出産に備え骨盤がゆるむことにあります。妊娠中のママの身体の中ではリラキシンというホルモンがたくさん分泌されます。リラキシンには骨盤を締めている靭帯を緩める働きがあり、骨盤が開きます。


靭帯が緩み、開いた骨盤は不安定となって骨盤がゆがんだり、恥骨の靭帯に負担がかかったりします。


骨盤が開いたまま、靭帯に負担がかかった状態がつづくと恥骨周辺に痛みを感じるケースがあるのです。


ですので、出産後の骨盤はしっかりと整えておくことが大事です。


まつお鍼灸整骨院では実際に歩き方・姿勢などのチェックを行い、今のお身体の状態を総合的にみて判断をして原因についてお話させていただきます。生活習慣についてもお伺いさせていただき、日常動作の注意点などのアドバイスをさせていただきます。


なぜ、産後のベルトやストレッチなどでは良くならないのでしょうか?といったご質問をよくいただきますが、骨盤ベルトやストレッチなどで一時的に楽になってもしばらくするとまた元に戻ってしまいます。

   

産後の恥骨の痛みはこのように施術をして改善していきます





まつお鍼灸整骨院では、レントゲンに基づいた骨格矯正で背骨と骨盤のゆがみを整え、プレッシャーテクニックで深部の筋肉の調整を行っていきます。


『背骨』『筋肉』の両方へアプローチすることで再発予防を重視した根本改善を目指す整体です。


恥骨の痛みは骨盤のゆがみが原因でも起こりますが姿勢が悪くて猫背の状態になっても恥骨に負担がかかります。


骨盤のゆがみや骨盤まわりの筋肉・姿勢の改善や身体や骨の歪みを整えて、痛みが起こりにくい体をつくり、良い状態が持続するように施術を行っていきます。


産後の恥骨の痛みは、身体に強い刺激を与えたり、間違った施術を行うとかえって症状を悪化させるおそれもありますので、治療院選びは慎重に行いましょう。



具体的には、恥骨の痛みだけを改善するのではなくて、全身の状態を診ながら、体や骨盤の歪みを調整し、固くなった筋肉をほぐしていき、全身の血液・神経の流れを良くし、自然治癒力を高めることで症状を改善していきます。


施術後はご自身のお身体の状態に合わせたケアをお伝えして、体操やマッサージなどのその場しのぎの対症療法ではなく、良い状態が長く保てるようにサポートいたしますので、整体院や整骨院などどこへ行っても満足できなかったあなたも気軽に当院までお越し下さい。


しっかりとあなたの体を見させていただきあなたに最適な施術を提供します。



産後の骨盤矯正は出産後2ヶ月から行っています。


産後の恥骨の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

                


お問い合わせについて

電話番号 072-657-7186

お問い合わせボタン

ページトップに戻る