HOME > 私が開院した理由のページ

私が開院した理由

 

学生時代


小学2年の頃から野球をはじめ、ずっとピッチャーをやっていました。

その頃からよく肘を痛めて近くの整骨院や鍼灸院に通っていました。 当時はまだ、整骨院や整体と言った治療院も少なく、自転車で何十分もかけて治療を受けに行っていました。

中学でも野球部に所属し、練習の毎日でした。その成果もあって府の大会で優勝、準優勝という成績をおさめることができましたが、最後の夏の大会は病気のため、ほとんど試合にも出ることができず、満足いく結果をを残すことができませんでした。

高校は地元の高校に進学し、甲子園を目指しましたが、激戦区大阪では夢は叶わず、4回戦が最高の成績でした。


高校卒業後、京都の大学に進学しましたが、肘の状態も良くなく野球を断念、その頃から、 スポーツクラブでアルバイトを行いトレーニングやマッサージなどの勉強を行い、スポーツトレーナーという職業に興味をもちはじめました。

今までいろんなけがや病気で大変だった経験をしてきたので

『同じ痛みで辛い思いをしている人を少しでもサポートしたい』

という思いが医療の道に進もうと思ったきっかけでした 。

修業時代



大学卒業後、トレーナーを目指して整骨院で見習いとして働きながら、鍼灸・柔道整復の専門学校に通いました。

朝と夜は整骨院で見習いとして働いて、昼は学校で勉強、テストの時はよく徹夜もしました。

今思うと本当に大変でした。そんな生活が6年も続き・・・無事に国家試験に合格


平成17年に鍼灸師免許

平成21年に柔道整復師の免許を取得することができました。


専門学校卒業から開業まで


専門学校卒業後は

整形外科に勤務して骨折や外傷のリハビリを担当

整骨院で副院長として勤務

整体院・カイロプラクティック院で骨格矯正の基礎を勉強

社会人野球のトレーナー


など約10年間、経験を積み重ね

平成22年5月、地元茨木で「まつお鍼灸整骨院」を開院しました。

レントゲン骨格矯正との出会い


今まで、マッサージ、整体、カイロプラクティック、鍼灸、○○療法、いろんなセミナーに参加しました。

どの治療法も一時的には改善しても根本的には変わらない。

何か他に良い治療法はないだろうかと、いろいろと探していた時に出会ったのがレントゲンを使った骨格矯正という治療法でした。

痛みの原因となる背骨のゆがみをレントゲンを撮って確認してから治療を行う。 整体やカイロプラクティックなどの治療をしていましたが、本当に背骨の歪みが改善されるのか疑問を持ちながらやっていました。

直感的に『これだ』と思いました。

一人でも多くの方に「健康」になっていただけるように、 全力でサポートさせていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。




お問い合わせについて

電話番号 072-657-7186

▲ページトップに戻る