頚椎専門施術

  • ストレートネックの首の痛みを改善したい
  • 痛み止めの薬を飲み続けたくない
  • 毎日首が痛くて気分が落ち込んでいる
  • 首の手術は絶対にしたくない
  • 頚椎ヘルニアで腕から指先にかけてしびれている

まつお鍼灸整骨院は頚椎の施術を専門に行っています。

一般的な首の痛みや肩こりからストレートネック・頚椎ヘルニアによる手のしびれまで多くの施術実績があります。

 

首の痛みの分類について|茨木市 まつお鍼灸整骨院

首の痛みと言っても痛みの程度や症状はさまざまですが大きく分けて次のように分類されます。

レントゲンやMRI検査では問題がないもの

一般的な首の痛みや肩こりの多くはレントゲンやMRIを撮っても問題がないケースがほとんどです。

ですが骨に異常はなくても無理な姿勢や、長時間の同じ姿勢などによって慢性的に頚椎に負担がかかり、頚椎が歪んでしまっているケースが多いです。

単なる肩こりでも放っておくとだんだんと悪化してストレートネックや頚椎ヘルニアになる恐れがありますので早めの段階で施術を行っていくことが大切になってきます。

 

ストレートネックによるもの

頚椎は本来、生理的な前弯カーブがあります。それが、長い間の姿勢の崩れや頚椎の疲労などによって、その弯曲がまっすぐになってしまう状態をストレートネックといいます。

ストレートネックになると、頭の重心が前方に移動してしまうので、頭を支えている首の筋肉に負担が大きくかかってきます。

その結果、首や肩周りの筋肉が緊張し続けることで慢性的な首の痛みや肩こりなどの症状が現れます。

ひどくなると首の痛みだけでなくて頭痛や手のしびれ・めまいなどの症状を引き起こすこともあります。

ひどくなるとストレートネックからカイホティックネック(頚椎が後弯している状態)になっていきさらに首の痛みは悪化してしまいます。

 

頚椎症によるもの

頚椎は、7個の骨が積み木のように連なった構造をしています。骨の内側には脊柱管という神経の通るトンネルがあり、そこを頚髄が通っています。

そして、頚髄から分岐している神経根が、頚椎の骨と骨の間から腕や手に向かって伸びています。

この頚椎が加齢などにより変形する病気を頚椎症と呼び、

この頚椎症によってトンネルの中を通る頚髄が圧迫される病気を「頚椎症性頚髄症」

首から手先までつながる神経根が圧迫されて症状が出現する病気を「頚椎症性神経根症」

と呼びます。

頚椎症も首の歪みが原因で頚椎や椎間板に負担が積み重なることが原因で起こることがほとんどです。

頚椎へルニアによるもの

頚椎の骨と骨の間のクッションの役割をしている椎間板が何らかの原因で首に負担がかかり、後方に飛び出すことによって神経を圧迫し、痛みやしびれを伴います。

軽度の場合、首の痛み、肩こり、軽い手のしびれなどを訴えます。徐々に首を反らす動きが制限されるようになり、腕や手に痛みが走るようになります。

重症化してくると手や腕の感覚が無くなったり、握力を始め筋力が低下してきます。手先を使う作業が上手くできなくなり、場合によっては下半身にも症状が出現します。

首の痛みの原因について|茨木市 まつお鍼灸整骨院

頚椎専門施術について|茨木市 まつお鍼灸整骨院