インナーマッスルトレーニング

  • 姿勢が悪くなってきているのが気になる
  • なかなか運動する時間がない
  • 筋力が弱くなってきている
  • お腹周りがでてきているのが気になる
  • 膝が痛くて階段の昇り降りが辛い

インナーマッスルトレーニング【EMS】とは?

筋肉に電気刺激を与えて筋肉を収縮させる運動器具のことをいいます。普段なかなか動かすことが難しい筋肉や、日常生活ではなかなか運動する機会の少ない方に筋力のトレーニングとして受けていただきます。

インナーマッスルとは、身体の深層にある筋肉のことを言い、関節や内臓などを支えていて身体の土台となるとても重要な筋肉です。

筋力は年齢とともに低下していき特にインナーマッスルが弱くなてくると姿勢が悪くなったり内臓の働きが悪くなったり、また代謝が低下して身体にもいろんな影響を与えてしまします。

トレーニングを行っていくことで体型の維持や・筋力の向上・生活習慣病などの予防にもつながってくるのです。

運動を行うことは年齢に関係なく健康な体を維持するためにもとても重要なことなのです。

筋肉の主な機能について|【茨木市の整体】まつお鍼灸整骨院

 

筋肉は機能は低下してくると体にいろんな影響を与えます。

筋肉の機能を低下させないためには

・筋力トレーニング

・運動による筋肉への刺激

が重要です。

筋肉の機能を十分に発揮できるように普段から身体を整えていくことが大切です。

筋肉の働きは、ただ腕を動かしたりするだけではなくて

『体温の維持』『血液・リンパの循環』『姿勢の維持』『代謝調整』などの働きがあります。

筋肉の主な機能について

①関節や内臓などを動かす

②体を支えて姿勢を維持する

③プロポーションを維持する

④柔軟性を保つ

⑤全身のリズムを整える

⑥エネルギーを消費して体温を維持・上昇させる

⑦全身の代謝を調整する

などたくさんの働きがあり、筋肉というのはとても重要な役割をしているのです。

インナーマッスルトレーニングの効果|【茨木市の整体】まつお鍼灸整骨院

①痩せやすい身体づくり

ダイエットと聞いて思い浮かぶのが『体重』ですが、『引き締まった健康な体を作る』ことを目的にして、筋肉を鍛えることで身体のリズムを整え脂肪を燃焼しやすい体にしていきます。

体幹を鍛えることによって『姿勢改善』『エネルギーを消費しやすい身体つくり』などの効果を体感していただき健康な身体つくりを目指します。

②ヒップアップ

特に出産後の女性の方に多いです。

ヒップアップには『大殿筋』『中殿筋』などを鍛えることが効果的ですが、『小殿筋』『外旋筋』などは骨盤や股関節を安定させる働きがあり、骨盤の位置を整えることで、姿勢が良くなりヒップアップにも良いと言われています。

③猫背

長時間座っていったりデスクワークなどを続けていると前かがみになってしまい猫背になってきている方が増えてきています。

猫背になることによりさらに筋力の低下を引き起こし背筋を伸ばして姿勢を維持するのがしんどくなってきます。

④五十肩

40~50代の方にみられる症状で肩の痛みや肩を挙げれないなど日常生活にも支障が出てしまいます。

肩や肩甲骨回りの筋肉の衰えが原因となることも多く、特に深層筋の衰えが原因となります。加齢とともに弱くなってきますので、肩まわりの筋肉を鍛えることで五十肩の予防にもつながります。

⑤冷え

筋肉は血液のポンプ機能があり、筋肉量が低下するとポンプ機能としての働きが悪くなり、その結果、末梢の部分の手や足が冷えるといった状態になってきます。

体幹の筋肉を鍛えると筋肉のポンプ作用も活発になり末梢部分にも血液が流れるようになってきます。

インナーマッスルトレーニングについて|【茨木市の整体】まつお鍼灸整骨院

まずはカウンセリングを行い、お身体の状態や気になる部分、どの部分にトレーニングを行っていくかを決めていきます。

トレーニングを行う部分が決まりましたら専用のパッドをつけてベッドに寝ていただき30分間、電気刺激を与えて30分の間で数回、負荷を上げていきます。

まずは固くなって弱くなっている筋肉に刺激を与え血液の流れを良くしていき徐々に筋肉に負荷をかけていきインナーマッスルのトレーニングを行っていきます。

初めは週2回を3ヶ月程度続けていただくのが理想です。

初めての方はまずはお試しで体感して頂きます。

わからないことがありましたらお気軽にご相談ください。