information

サイトナビ
お問い合わせ
お問い合わせボタン
HOME > 脊柱管狭窄症のページ

脊柱管狭窄症について



脊柱管狭窄症は60代以降の方に多く発症し、女性より男性の方が多いと言われています。

歩くと足がしびれてくる・・

という間欠性跛行が特徴です。

脊柱管狭窄症でお困りの方は、当院の治療方針について書きましたので、お読みください。

脊柱管とは?


背骨の後ろを通る脊柱管という神経の通り道のことをいいます。

この神経の通り道が何らかの原因によって狭くなり、中を走る神経が圧迫されることにより、様々な症状があらわれます。



脊柱管狭窄症の3つのタイプ


脊柱管狭窄症は神経が圧迫される場所によって症状も変わってきます。

主に3つのタイプに分けられます。

1、神経根型

背骨から腰部、臀部から下肢につながる神経の根元(神経根)が圧迫されるタイプ。圧迫されている側の足、つまり片足だけにしびれや痛みが出ることが多い。

2、馬尾型

脊柱管の中を通る脊髄神経は第1腰椎あたりから神経の束が走っています。これを馬尾神経と言いますが、この脊柱管の中を通る馬尾神経が圧迫されるタイプ。両足に症状が出ることが多いです。

馬尾型が進行すると、排尿・排便障害などを伴うこともあります。

3、混合型

神経根と馬尾神経が圧迫されて両方の症状があらわれます。



脊柱管狭窄症にはこのような治療を行います

当院には多くの脊柱管狭窄症でお悩みの方が来院されます。

自転車は大丈夫だけど、歩くと足がしびれてくる・・・

足がしびれて歩けないから外出ができなくて困っている・・・

脊柱管狭窄症は

背骨のゆがみを改善していくことで、

神経・血管の流れが正常になり、筋肉の状態がよくなることで、狭窄症が起きている部分の負担が軽減し、痛みやしびれ、などといった症状が改善されるケースがあります。


当院では痛みの原因となる背骨のゆがみを、レントゲンで確認し、根本改善を目指して取り組んで行きますので、どこへ行っても満足できなかったあなたも気軽に当院まで足を運んでください。

※保険治療ではありません


●ゆがんだ骨盤

●正常な骨盤


お問い合わせについて

電話番号 072-657-7186

お問い合わせボタン

ページトップに戻る