information

サイトナビ
お問い合わせ
お問い合わせボタン
HOME > 胸郭出口症候群のページ

胸郭出口症候群について

 




『胸郭出口症候群・・・』聞きなれない言葉ですよね。

首や肩がこったり、腕や背中がだるくなったりという症状で病院へ行くと・・・

「胸郭出口症候群」と言われたという方も多いと思います。

 なで肩の女性

 重いものを持ち運ぶことが多い方

 腕を上げて作業することが多い方


に多く見られます。


胸郭出口症候群でお困りの方は、当院の治療方針について書きましたのでお読みください。

胸郭出口症候群とは


鎖骨周辺で腕神経叢という腕や手指に行く神経の束が、腕や手指に行く鎖骨下動脈や鎖骨下静脈という血管とともに圧迫されて起こります。

胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、『胸郭出口症候群』と言われています。

胸郭出口症候群は、これらの神経の通り道が狭くなり、血管や神経を圧迫するために、肩こり・腕や手のだるさ・しびれなどの症状を引き起こします。



            


鎖骨周辺で神経や血管を圧迫する原因がいくつかあります。

斜角筋症候群
前斜角筋
中斜角筋という首の筋肉の間で神経や血管が圧迫されることによって起こります。

②小胸筋症候群
小胸筋という筋肉によって神経や血管が圧迫されて起こります。

③肋鎖症候群
鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されて起こります。

④頚肋症候群
頚椎にある余分な肋骨で圧迫されることをと頚肋症候群といいます。

これらをまとめて『胸郭出口症候群』といいます。

胸郭出口症候群の治療について


胸郭出口症候群の原因としてあげられるのが

首のゆがみ。

日常生活での不良な姿勢や上同じ動作の繰り返しによって、頚椎がゆがんでしまうことで

首から腕・手につながる血管や神経の通り道が圧迫されてコリや痛み・シビレといった症状が引き起こされると考えています。

首のゆがみを改善することによって神経や血液の流れがよくなり

痛みやコリ・シビレ・だるさといった症状が改善されるケースが多いです。


当院では痛みの原因となる首のゆがみをレントゲンで確認し、根本改善を目指して取り組んで行きますので、どこへ行っても満足できなかったあなたも気軽に当院まで足を運んでください

しっかりとあなたの体を見させていただき最適な治療を提供します。分からないことは何でもご相談ください。

※保険治療ではありません。



お問い合わせについて

電話番号 072-657-7186

お問い合わせボタン

ページトップに戻る