インピンジメント症候群の原因や症状は?水泳や野球をやってる人はなりやすい?

2020年05月24日

 

肩の痛みにインピンジメント症候群というのがあります。

 

肩を動かすと痛い

というのは五十肩と同じ症状ですが、インピンジメント症候群と五十肩は違います。肩を動かすと痛みがでるのでもしかしたら五十肩かも?と思って来られる方もいてますが、

 

肩を挙げたり捻ったりしたときに引っかかり感や痛みがでたり、外転時の一定の角度で痛みが出るようでしたらもしかしたらインピンジメント症候群かも知れません。

インピンジメント症候群とは?

インピンジメントとは『衝突する』という意味です。

肩関節は非常に不安定な関節なので関節を安定させるために多くの筋肉や腱、靭帯があります。

特に回旋腱板と言われる筋肉が肩関節の周りを包み込むようにあります。さらに、肩関節には肩峰の下に肩峰下滑液包という袋があるのですが、この袋があることで腱板がスムーズに動くように衝撃を吸収してくれるのです。

 

インピンジメント症候群は肩をあげるときに腱板や滑液包がインピンジメント『衝突』することである角度で痛みがでてそれ以上動かすことができなくなります。

 

『ふと肩を動かしたときに痛みがでる』

『腕を動かす角度によって痛みがでる』

 

といった症状がでる場合は早めの対応が大事になってきます。

 

インピンジメント症候群のメカニズムについて

インピンジメント症候群では肩関節の運動障害が起こりますが、特に肩関節の挙上時に出てくることが多いです。

 

肩関節を挙上させたとき上腕骨頭では

上方回転と下方滑りの2つの運動がおこっているのですが、インピンジメント症候群では下方滑りの運動に対して上方回転の運動の割合の方が大きくなってしまいます。

 

そのため、肩関節を外転させていくにつれて、上腕骨頭が上方に変位してしまいます。

上腕骨頭の上方への変位が大きくなると、肩の挙上に伴って肩峰下のスペースに狭窄が起こることで痛みを生じます。

 

インピンジメント症候群の原因は?

インピンジメント症候群の原因のひとつは回旋腱板の機能低下です。

 

回旋腱板は棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉がありこれらの筋肉が肩関節を安定させています。この回旋腱板の機能が低下することによって肩関節の安定性が悪くなりインピンジメントの症状を起こしてしまいます。

 

また野球の投球動作や水泳のクロールなど、肩を良く動かす動作をする人も肩関節や回旋腱板に負荷がかかりインピンジメント症候群になりやすくなります。

 

インピンジメント症候群の症状について

①肩の痛み

一番は肩の痛みです。特に肩の前側に出てくることが多いです。肩の前方部分には棘上筋腱や上腕二頭筋長頭腱・関節包・肩峰下包などがありますがインピンジメント症候群では特に棘上筋腱と上腕二頭筋長頭腱が好発部位と言われています。

 

②肩の可動域制限

肩の可動域制限は動作時痛によって起こります。特に肩関節の外転60度から120度の間に痛みが強く出るペインフルアークサイン(有痛弧)がでます。

 

施術の方法について

当院のインピンジメント症候群の施術方法としては

 

①脊椎・上腕骨頭へのアジャスト

インピンジメント症候群になる人は、回旋腱板の酷使の他にも姿勢が悪くて巻き肩の人や猫背の人が多く、それによって上腕骨頭も前方へ変位し肩関節の可動域の制限が起こります。また、姿勢が悪くなると胸椎の後弯も強くなってきてしまうので胸椎のアジャストメント・宍絵の改善も行っていきます。

 

②回旋腱板や軟部組織のアプローチ

回旋腱板や上腕二頭筋腱・烏口肩峰靭帯などの軟部組織に対してのアプローチを行います。痛みが出ると筋肉の緊張や炎症が起こります。肩関節周りの筋肉の柔軟性を取り戻していくことで肩関節の可動域を広げていきます。

 

インピンジメント症候群はそのままにしておくと、痛みが慢性化したり腱板損傷にもつながる場合がありますので早めの対応が大切になってきます。

肩がこるのは枕が原因?牽引療法やバキバキ鳴らすのは良くないの?

2020年04月19日

 

肩こりや首こりで悩んでいる方は、普段の生活でいろいろ工夫されている方もいると思います。枕は高いほうが良いの?首を引っ張ったら肩こりはなくなるの?

 

などなど、普段クライアントさんとお話をしていてよく頂く質問をいくつかまとめましたのでよかったら参考にしてください。

首の痛みや肩こりに牽引療法などは有効なの?

今までの経験上、首の牽引をして良くなったというのをあまり聞いたことはありません。なので当院でも首の牽引はやっていないです。

 

もちろん牽引をすることによって症状が軽減するケースもあるかもしれませんが、気分が悪くなったり、かえって症状が悪化したということも良く耳にします。

 

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアなどに対して

『とりあえず引っ張っときましょう』

みたいなところが多いのも事実です。

 

もし牽引をして悪化するようなことがあればすぐにやめたほうが良いと思います。ちなみに牽引はやっても効果がないので最近はやっていないところのほうが多くなってきているかもしれません。

 

自分で首をボキボキ鳴らしたりするのは良くないの?

首を曲げたりしたときに首がボキボキなる・・・

首こりや肩こりの人は結構そういう人もいてると思います。

 

自然に動かしてボキボキと音が鳴る分に関しては問題ないですが、ボキボキ鳴らすとちょっとでも楽になったような気がするから、と自分でわざとボキボキ鳴らすのは良くありません。

 

無理に鳴らすのを続けていると寝違えのような症状になることもありますし、よくある整体やカイロなどで首をボキボキ鳴らすような施術をやり続けると、良くなるどころかかえって首が曲がったり関節が変形してきたりすることもありますので結果的によけいに症状がひどくなることもあります。そのような施術は控えたほうが良いでしょう

 

なぜ、ボキボキ音が鳴るのかというと関節の中の二酸化炭素が気体となってはじきでるときにボキッと音が鳴って、それが心地よく感じるだけであってそもそも良くなることはありません。

 

自分で首をボキボキ鳴らす癖のある人はできるだけしないほうが良いでしょう。

 

枕は高いほうが良いの?低いほうが良いの?

肩こりがひどい人は枕が悪いのでは?と思っている人もいるようです。枕が悪いから肩こりがひどいのではなく、首が悪いから普通の枕があわないという人も多いです。

 

枕は高い枕が好きな人はやめたほうが良いです。高い枕をずっと使い続けていると首の筋肉が常に引っ張られた状態になりますし、だんだんと首の弯曲がなくなり首が後弯してしまうケースもあります。このような人も今まで何人も見てきました。

 

首の形状によっても個人差はあるかもしれませんが、枕はやや低め、バスタオルなどを折りたたんで高さを調整するのも良いと思います。寝返りをうって横向きになった場合に、背骨が真っすぐになるような高さが一番良いと思います。

そもそもなぜ首がゆがんでしまうの?

最近はストレートネックやスマホ首という言葉をよく耳にするようになったので『ストレートネックを治してほしい』と来られる方も増えてきました。

 

逆に首が痛いからとレントゲンを撮ってもらってはじめてストレートネックということがわかったというケースもあります。

 

基本的に頚椎の歪みは普段の生活習慣の積み重ねによって起こります。大体は姿勢が大きく関係します。

 

あとは事故などの外傷、いわゆるむち打ちなどラグビーなどコンタクトスポーツをされていた方など首が大きくゆがんでいるケースが多いです。

 

ですがスポーツをされていて筋肉量が多い人とかはあまり症状などが出にくい場合もあります。逆に女性の場合は男性よりも筋肉の量が少ないので頚椎に負担がかかることで症状がでてきやすいということもあると思います。