片頭痛や緊張頭痛・群発頭痛も原因は首のゆがみやこりにある!!

2020年05月13日

 

頭痛と言っても緊張型頭痛や片頭痛・群発頭痛・後頭神経痛と種類はいろいろなんですがほとんどどの人に共通していることがあります。

それは『首』の問題です。頚椎がゆがんでしまっていたり筋肉がガチガチに固まっていたり、頭痛もちの人は首の不調を訴える人がほとんどです。

 

病院では頭痛に対して頚椎のゆがみや筋肉の固さなどみることはないので、頭に問題がなければ薬を出されるくらいで結局は薬を飲み続けないといけません。

 

頭が痛くなると薬を飲む。結局はこれの繰り返しになるので頭痛がなくなることは残念ながらありません。

 

頭痛が続く場合はまずは医療機関で検査をしてもらうことも大事です。

 

頭痛の種類について

 

①緊張型頭痛

一般的に肩こり・首こりは緊張型頭痛の特徴的な症状としてでてくることが多いです。緊張頭痛は頭と首を支える筋肉の過緊張がおこったときに起こります。

 

②片頭痛

片頭痛はストレスや、緊張、寝不足、月経周期や天候の変化などで誘発されてズキズキと拍動性の痛みとしてでてきます。

 

緊張頭痛と片頭痛は頭痛としては違うタイプの頭痛ですが今までの臨床上、緊張型頭痛の人、片頭痛の人ともに頚椎の歪みや後頚部の筋肉、板状筋や後頭下筋群の硬結や圧痛がみられることがほとんどです。

 

なので緊張型頭痛と片頭痛は関連していて緊張型頭痛を持っている人は片頭痛も持っているケースも多々あります。いわゆる混合型頭痛です。

 

③群発頭痛

慢性頭痛のなかで特に痛みが強いのが群発頭痛です。片頭痛や緊張頭痛に比べると発症の割合は低くて片頭痛は女性に多いのに比べ群発頭痛は比較的若い男性に多く見られます。

 

群発頭痛は片頭痛と同様に片側で見らて、その痛みは『目の奥がえぐられるような痛み』『痛くてじっとしていられない』

ほどの痛みだと言います。

 

同時に目が充血したり、涙や鼻水がでたりと頭痛以外の症状がみられるのも特徴としてでてきます。痛みの発作が起こると1~2ヶ月ほど、ある期間にわたって集中的に起こります。

 

お風呂などで温まる・お酒を飲む・ニトログリセリンなど血管を拡張させるような誘因によって起こると言われていてお酒をよく飲む人や、ヘビースモーカーに多いとも言われています。

 

なぜ起こるのかというのははっきりとはわかっていないようですが、目の奥にある血管が拡張してその周囲に炎症が生じ三叉神経を刺激するために起こるとも言われています。

 

なかなか厄介な頭痛ですが今まで見てきた群発頭痛の人は上部頚椎に問題がありさらに後頚部にかなりの筋緊張がみられるケースがほとんどです。

 

群発頭痛は片側に出るので痛みの出る側の後頚部に強い筋緊張や圧痛がみられます。

 

④後頭神経痛

後頭部に電気が走るような痛みがでたり、耳の後ろ側が痛くなったり、後頭部から頭頂部にかけて痛みがあったりする場合は後頭神経痛の可能性があります。

 

坐骨神経痛は皆さん聞いたことがあると思いますが、後頭神経痛は頭の神経痛です。頭の後ろには大後頭神経・小後頭神経・大耳介神経という神経が走っていますが、これらの神経は筋肉や皮膚の感覚などに関係している神経になるので筋肉の影響を受けやすくなります。

 

後頭部の筋肉が緊張することによって神経が圧迫されさらに血流障害が起きてしまいます。神経痛は冬場など寒い時期に起こりやすくなりますが、寒くなると血流の流れが悪くなるので痛みが出やすくなります。

 

片頭痛や緊張頭痛・群発頭痛・後頭神経痛は首の問題を疑う

片頭痛や緊張頭痛・群発頭痛・後頭神経痛の多くは頚椎のアンバランス、特に上部頚椎の問題、首回りの筋肉の問題を抱えていることが多く、首こりや肩こりを自覚している人がほとんどです。姿勢が悪くて猫背だったり、長時間のデスクワークなど肩こりの自覚症状が強い人が多いですね。

 

姿勢・頚椎のゆがみの改善

後頭下筋群や首周りの筋肉へのアプローチ

 

ここをしっかりと施術していけばかなりの割合で頭痛はなくなっていきます。

頭痛と首こりは関係する!!頭痛薬を飲み続けても頭痛は治らない

2020年04月26日

 

頭痛がするのは頭に原因がある?

いつも頭がズキズキ痛む・・・

何かのきっかけで頭が急に痛くなる・・・

毎日頭痛薬が手放せない・・・

慢性的に頭痛で悩んでいる方はとても多いと思いますが、薬を飲んで痛みを抑えながら日々の生活を送っているという人も多いのではないでしょうか?

 

でも残念ながら薬は症状を一時的に和らげることしかできません。わかっていながらでも飲んでいる人も多いと思いますし、痛みがつよいときは薬を飲んでも全く効かないということもあるのではないでしょうか?

頭痛のつらさは頭痛もちの人にしかわからないつらさですよね。

いくら頭痛薬で副作用が少ないと言われても、できれば薬を飲み続けたくないという人がほとんどだと思います。

 

なかには大きな問題を抱えている場合もありますし、その場合は当然、医療機関で適切な処置を行わないといけませんが、ほとんどの場合は検査では問題がない場合が多いです。

そんな場合は原因がわからないので結局は薬を飲んで痛みをコントロールしましょう、ということになってしまいます。

 

薬は飲み続けると良くないのはわかってるんだけど頭が痛いからしかたなく飲んでいる人ってホントに多いです。

頭痛のほとんどは首が原因

『頭痛』が長期にわたって続くと何か病気でもあるのかな?と不安になりますよね。でも実際に頭に問題があって頭痛が起こっている場合はごくまれです。

 

頭には問題がないということは頭以外のところに問題があるということ。頭痛は一次性の頭痛(頭の外の問題)、二次性の頭痛(頭の中の問題)がありますがほとんどは頭以外の問題。

 

考えられるのは姿勢やストレス・冷えなどですかね。

 

特に問題なのは『首』です。頭に問題がなければ多くの場合は『頚椎』に問題があることがほとんどです。

・スマホをよく使う

・姿勢が悪い

・肩こりがある

・ストレートネックと言われた

・よく目が疲れる

・いつも首が痛い

 

頭痛の人に共通しているのは、首の筋肉が異常に緊張していることです。頭痛と言っても緊張頭痛や片頭痛などタイプが分かれます。普段から首のこりを自覚している人もいれば、自覚のない人もいてますがほとんどの人が首がガチガチになっています。

 

この『首』よくなれば多くの頭痛が改善していくのです。でもその改善方法がわからないので結局はマッサージに行ったり、薬に頼ったりということになってダマシダマシになってしまっている人が本当に多いと思います。

3人に1人は頭痛もち

日本人の3人に1人は頭痛もちと言われています。最近は子供の頭痛も多いですし、頭痛もちの人は長かったら10年以上と頭痛と付き合っている人もてるので

・頭痛は治らない

・頭痛と一生付き合っていかないといけない

と思っている人が多いんですけど全然そんなことはないですね。

 

頭痛もちのほとんどの人は首が悪くて、首が悪い人の多くは頭痛もちです。あと頭痛があって首が悪い人のほとんどは腰痛持ちでだいたい骨盤もゆがんでいます。そういう人は身体のバランスがとても悪いです。だから骨盤矯正みたいなことをやっても意味がない・・・結局身体って全部つながっているんです。

 

首がよくなると頭痛がなくなるのはもちろんなんですが、身体の調子が良くなるんですね。首にはたくさんの神経や血管が通っているのでそれだけ重要なところ、きちんとアプローチができればそれだけの変化がでるということなんですが、逆に言うと間違ってアプローチしてしまえば悪化します。

 

・首をバキバキされて次の日、首が動かなくなったり

・首をめっちゃ強く揉まれて余計に頭がガンガンしたり

っていうのをたまに耳にします。

 

首が悪くて頭痛に困っている人は本当に多いと思います。だから当院では首や頭痛の専門ということでやってるのですが、頭痛がなおって良くなった人の笑顔が見れた時はホントにうれしいですね。