サイトナビ
お問い合わせ
お問い合わせボタン
ホーム > 肩こり > 肩こりや首こりは病気?放っておくと痛みやしびれ・頭痛の原因になる

肩こりや首こりは病気?放っておくと痛みやしびれ・頭痛の原因になる

2018年10月26日

 

 

肩こりは病気じゃない?

 

肩こりや首こりで悩んでいる方は本当に多いと思います。当院にも肩こりや首コリで来られる方が多いのですが、当然ながら肩こりは病気と思っている人はほとんどいないと思います。

 

どうですか?

 

たかが肩こりされど肩こり

肩こりくらいほうっておいても大丈夫、と思っている人がほとんどだと思います。

 

でもそれは大きな間違いです。肩がこっている人はほとんどの方が首もこっています。肩がこるのは肩に原因があるのではなくて首に問題があるんです。

 

首から肩にかけて筋肉はつながっていますから肩の筋肉の疲労も当然首に関係してきます。首に負担がかかってくると、首に走っている神経や血管が圧迫されます。さらに関節の動きも悪くなってきていろんな悪い影響が出てきます。

 

 

首から出ている神経が圧迫されると、手がしびれるといった症状がでてきますし、首には自律神経が集まっていますので自律神経のバランスも悪くなって不定愁訴がでてきたりします。さらに首とつながっている背中や腰・骨盤といったところにも影響が出てきます。

 

身体は頭から足まで全部つながっていてバランスをとっているので、頭を支えている首のバランスが悪くなるとその下のバランスも崩れて腰痛や膝痛などのトラブルへとつながってきます。

 

『たかが肩こりや首コリくらいだから、大丈夫かな・・・・』と思っている人も多いかも知れませんが、慢性的な肩こりを、マッサージなどでその場しのぎでずっと続けているといずれ困ったことになるのは目に見えています。

 

マッサージもその場は気持ちいいですけど

 

肩こりはだんだんと悪化すると頚椎ヘルニアになる?

 

単なる肩こりもひどくなってくると大変なことになってきます。

 

長時間の同じ姿勢やうつむきの姿勢を続ける


肩や首の筋肉が疲労して肩や首がこってくる


こりが慢性化してくると首が痛くなってきたり首が動かしにくくなってきたり頭痛などがでてくる(ストレートネックと言われる状態)


椎間板や関節に負担がかかり骨が変形してきたり手がしびれてきたりする(頚椎症)


椎間板が突出して神経を圧迫して頚椎ヘルニアになる

 

というふうに肩こりや首の痛みを放っておくと、いずれは頚椎症や頚椎ヘルニアへと進んでいってしまうのです。

 

みんさんは、今どの段階くらいにありますか?

コリだけですか?

首が痛くて動かしにくいですか?

それとも頭痛や手のしびれがありますか?

 

 

しびれがでている段階だと『頚椎症』もしくは『頚椎ヘルニア』の状態に近づいているかもしれませんね。頚椎症や頚椎ヘルニアの段階に入ってくると筋肉だけではなくて関節や椎間板などにも負荷がかかってきている状態なのでマッサージをして筋肉の疲労をとったところで良くなってくることはないでしょう。

 

 

今までマッサージをしていたら楽になっていたのが、最近マッサージをしても良くならなくなってきた・・・

 

このような場合は頚椎が悪化してきているという身体のシグナルです。

 

残念ながら肩がこるたびにマッサージを行うようなことをずっと続けているとだんだんと、肩こりから症状が重くなってしまって頚椎ヘルニアまでなってしまうということもあるのです。

 

ですので肩こりや首こりを甘く見るのは禁物です。

 

こりから痛み、痛みからしびれの悪循環

 

単なる肩こりという状態は、一言で言えば筋肉の疲労のことを言います。運動すると筋肉が疲労するというのは想像がつくかもしれませんが、ずっと同じ姿勢をしてかえって動かさないというのも筋肉を疲労させてしまうのです。

 

とくに長時間座りっぱなしの姿勢を続けていると肩こりや首コリへとつながっていきます。車の運転やパソコンなどのデスクワーク、スマホのゲームなどの姿勢も良くないですね。

 

肩や首の筋肉が緊張し続けて疲労を起こすと、筋肉が固くなって血管が圧迫されて、血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなるとそこの部分へ酸素や栄養を運ぶことができなくなってしまいます。

 

さらにずっと疲労がたまった状態でいると、血液の流れがどんどん滞ってしまって、筋肉の疲労がたまっていってしまいます。それによって肩こりや首コリがさらにひどくなっていくという状態になってしまうのです。

 

 

一時的な筋肉の疲労の場合は、マッサージで筋肉をほぐしたり、お風呂で温めたり、ストレッチをしたりして血液の流れを良くすると改善します。これが最初の段階です。それがだんだんとマッサージをしても楽にならなくなってくると一時的な筋肉疲労ではなくなってきて頚椎にも問題がでてきます。そうすると今度は痛みにかわってきます。

 

 

ですので、肩こりや首の痛みを放っておくと、いずれはコリから痛みにかわり、痛みからしびれという風に悪くなっていってしまうのです。痛くなったりしびれてがでるようになってから『どうしよう・・・』と焦っても遅いですよ。

 

毎日の負担の積み重ねが肩や首の筋肉をガチガチにしてしまって、だんだんと重度の症状へとつながっていってしまうのです。

 

こうやって見ると肩こりも病気の1つかもしれませんね。

 

『たかが肩こり・・・・』と放っておくと後で大変なことになるかもしれません。ひどくならないうちに改善していくのが一番です。

 

関連記事

 


PageTop